亀田キリスト教会としての新型コロナウイルス感染対策の見解と方針

主イエス・キリストにある敬愛する皆様


 3月になりました。春を待ち望み、主イエス・キリストのあがないと復活を覚える季節となりました。しかし、日本と世界は現在、新型コロナウイルス感染の猛威により、人々が不安と恐れを覚え、各国は解決と対応に追われています。集団で一定の時間を過ごす機会が多くある亀田キリスト教会も、今まで以上に外出後の手洗い・うがいの自己管理の他、会堂内が感染場にならないために、消毒液やマスクの使用の徹底を強化しております。

 

 特にこの2月29日以降、新潟県で感染者が起きました。毎日増加しておりますが、当教会の公的集会を中止することはありません。しかし、当教会から発足した「NPO法人いきいき健康家族オアシス」の活動については、皆様のいのちを最優先し、感染予防と防止の為、3月中はすべての活動を中止決定致しました。4月にまた再開できることを心から願っております。どうぞご了承下さい。

 

 亀田キリスト教会教会員一同、このウイルスに感染された方々が癒され、一日でも早く感染が収束されることを、いのちの主であり世界の支配者である主イエス・キリストの御名により心からお祈りしています。世の終わりの時代にあって、私たちが皆様と共に、救い主なる神の御子の恵みと、創造主の愛と、聖霊なる神の豊かな交わりの中に生かされることを願いつつ。                  

                      2020年3月3日

                      亀田キリスト教会 牧師 松下 展久

最新記事

すべて表示

亀田キリスト教会から緊急のお知らせ

日本同盟基督教団 亀田キリスト教会関係者の皆様 新型コロナウイルス感染防止対策に取り組み、3カ月以上たちました。主の御心がなりますようにと祈りつつ、忍耐・辛抱しながら、この時を過ごしておられることと思います。 さて、緊急事態宣言後、当教会は、礼拝堂での全ての集会を中止し、教会員は 自宅での集会に切り替えて過ごしてきました。しかし、この度先週14日に、新潟県が緊急事態宣言解除の対象となり、本日教会の

亀田キリスト教会の主日礼拝及び聖書の学びと祈り会 ハレルヤクラブは、動画配信を行っています。

栄光在主 皆様、全都道府県に緊急事態宣言が出されてから3週間目に入りました。東京では、ステイホーム週間に入りました。いかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルス感染拡大防止に国民全体で取り組み、亀田キリスト教会も、各教会員個人の外出自粛、3密を避け、手洗い・消毒・咳エチケットに協力するだけでなく、会堂での全集会を中止し、動画配信と電話での集会に切り替えて2週間となりました。 亀田キリスト教会の日曜

4月19日(日)から5月24日(日)まで、会堂での集会を取りやめ、自宅集会に切り替わりました。

日本同盟基督教団 亀田キリスト教会 関係者の皆様 新型コロナウイルス感染拡大防止強化のため、4月17日に全都道府県に緊急事態宣言が出されたことを受け、私たち亀田キリスト教会では、先日発表した集会分散化よりも先に、前倒しで教会員は自宅での集会に切り替え、4月19日(日)より約1か月間、元町会堂でのすべての集会を中止することを、18日(土)の第2回緊急臨時執事会で決定しました。各自が、不要不急の外出を

©2014 Kameda Christ Church

関連リンク|日本同盟基督教団