新型コロナウイルス感染拡大防止対策に対する亀田キリスト教会の方針第2弾



<新型コロナウイルス感染拡大防止対策 緊急礼拝分散化切り替えと今後の方針>


 主イエスの復活を記念するこの日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、亀田キリスト教会執事会は、この度の新型コロナウイルス感染拡大と、先週7日の7都府県に対し発令された史上初緊急事態宣言を受け、社会の一員として、正しい情報をもとに適切な行動をすることが求められているこの事態に対し緊急会議を行いました。そして、以下のように今後の集会の方針を決議し、教会員の皆様に承諾していただきました。

 教会員一同これまで以上に、手洗い・消毒・咳エチケットを徹底し、自らの命を守るとともに他の人の命を守る者として行動をし、主イエス・キリストの再臨を覚え、慌てず心を合わせ、祈りつつこの緊急事態を乗り越えたく思います。       

               2020年4月12日 亀田キリスト教会 牧師  松下 展久

         ・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・


1.実施年月日:2020年4月19日(日)から、政府・自治体の発表をもとにウイルス感染収

        束のめどが立つまで当面の間

2. 内容:6:30-7:30 第一礼拝   10:30-11:30 第二礼拝

     (19:00-20:00 臨時礼拝・・・必要に応じて希望者があり、牧師が対応できる時

      のみ)

(1)すべて同じプログラムで行う。

(2)週報に記載される奉仕(司会・奏楽・受付・奉献等)は、第二礼拝のみ。あとはすべ

   て、牧師と伝道師が行う。

3. 目的:礼拝・集会の一回の参加人数を15名以下にし、3密状態を避け、ウイルス感染予

     防対策を強化する。

4. その他の集会:祈祷会及びその他の個別な聖書の学びは、これまでと同じように続け

         る。

※さらに新潟県の感染状態が深刻化した場合

尚、今後新潟県の感染者が増加し、県から緊急事態宣言が発令され、集会自粛の要請が各市町村に出された場合は、自宅礼拝をする方法に切り替え執事会として発表する方針です。その際は、次の3つの対応を考えています。

①インターネット環境がある方に対し、スカイプ等によるオンライン礼拝の動画配信を行う。同時間に礼拝できない方は、編集された動画配信による礼拝をしていただく。

②インターネット環境がない方で、DVDプレイヤーがある方に対し、礼拝のDVDを使用していただく。

③その他の方で、牧師・伝道師の訪問による礼拝を行う。


その他の詳細は、亀田キリスト教会執事会からのお願いの文書で発表済みです。

最新記事

すべて表示

桜から新緑の季節へ移り替わりました。皆様いかがお過ごしですか。 新型コロナウイルス感染状況は、第6波が高止まり状態のまま、新学期からゴールデンウイークへにかけて、ますます感染拡大が危ぶまれる今日この頃です。 さて、亀田キリスト教会の執事会は、去る3月4月のコロナ感染状況を踏まえ、今後もこの状態が続くことを予想し、会堂での集会形態は、これまでと同じように時短・分散型を継続することと致しました。毎週日

皆様、コロナ感染第6波が起き、不安の中にお過ごしのことと思います。 さて、新潟県は先週から、コロナ感染者の急増で、特別警報も発令されました。いつどこで感染してもおかしくない状況です。そこで昨日亀田キリスト教会の執事会は、感染リスクをできるだけ抑え、いのちの危険から身を守る為、会堂での集会を約1か月動画配信に切り替えることと決定致しました。 日曜日の礼拝と水曜日の聖書の学びと祈り会を動画配信致します